歯科技工士という、

入れ歯をつくる人。

それ以上に、歯科技工士の仕事の内容を知っている患者さんは、少ないのが現実だと思います。

歯科技工士の仕事は、歯科医師からの指示書によって、入れ歯(義歯)、差し歯、銀歯などを作ります。患者さんを中心に歯科医師と歯科衛生士と協力して、審美性、機能性を回復させ、生活をサポートします。

まずは、口腔内を再現する為に、型取りを行ない作業をする為の模型を作ります。

これが、全ての始まりで、基準となるので、大切な作業です。

銀歯の製作について、模型上で形態を回復させる為に、まずワックスで形を作っていきます。

その後、ワックスを取り外し、円錐台に植立しリングに埋没を行います。

この時に、変形や気泡を入れないなように注意します。

リングを焼いて、リング内のワックス部分を空洞にします。その空洞に金属を流し込んで、ワックスで作った形の金属が出来ます。 金属をカットして、形態が変わらなように磨いていきます。

その他、院内に居れば、修理など、その日のうちに患者さんに帰ってもらえるように瞬発力も必要となってきます。

入れ歯の製作について、大きく分けて、総入れ歯と部分入れ歯に分かれ、製作工程に違いがあります。まず、着脱方向を決め設計をおこないます。

部分入れ歯については、口の中で位置が変わらない為の金属を作って行きます。ワックスの固まりを咬んでもらい、噛み合わせを決めます。

噛み合わせが決まったら人工歯を排列していきます。

口の中で確認、調整後にワックスの部分をレジンに変えて磨きます。

人工的に作られた歯を使いますが、並べ方や削り方の工夫で個性を出すことも出来ます。

技工士の仕事の1つとして、マウスガードを作ることもあります。

スポーツ時のケガの予防や無呼吸症候群の治療など、審美性や機能性の回復だけでなく、予防や治療などで患者さんに関わっていく事ができます。

製作の工程としては、上顎の印象を採って頂き、模型を作ります。

専用の装置に、専用のシートをセットし、軟化吸着させて、余分な部分や形態を処理します。

個人に合ったマウスガードが出来ます。

歯科医院で製作する利点として、正しい噛み合わせで、適合性、安全性に優れたマウスガードを手にする事が出来ます。